11月20日に、私がお手伝いさせて頂いている 幼稚園の発表会がありました。今年は、記念発表会という事で、大きなホールで行いました。子ども達の歌や合奏そして私がひとりで係わっている 「ままさんコーラス」とプログラムは続きました。(ままさんコーラスはこの会の為に 毎年、この時期だけに作られます。)
普段の練習では、まずは子ども達と係わる時もままさんと係わる時も「音楽は楽しい!」と感じてほしい!と常に思っています。今年は、ままさんは50名以上の参加で、昨年の30名程と変わり 大所帯となりました。
部長さんを始め、伴奏者・指揮者等、スタッフの力も大きく、とてもよくまとまっていて、歌意外のハーモニーもすばらしく、あっとうされるばかりでした。それだけに私からの要求もどんどん増えていきます。でも 皆さんでしっかりついてくる! そんな楽しい練習でした。
歌はきちんとした発声で、きちんとした姿勢で、きちんと歌う・・・という事も大切ではありますが、その前にやはり楽しくなければいけないと思います。それを知ってから次へ進める・・と私は 思っています。
もちろん楽しい中にもきびしさも必要です。ただ 楽しい・・楽しい・・だけで だらだらしていたらそれは意味のない事・・・その辺りのバランスは指導者側としては とても難しい所だと思います。でも魅力的な仕事でもあります。毎年、レベルアップされるままさんや子ども達と共に、リトミックを応用して やっていける仕事のひとつです。理解ある園長先生や担任の先生やスタッフの先生方に本当に感謝しています。
年が明けると 生活発表会といって またひとつとても素敵な課題に取り組まれます。まだまだ楽しみが残っています。
私の教室も発表会があります。こちらも負けないように がんばります!
講師の先生!どうぞよろしく!魅力的な発表会にしましょうね[#IMAGE|S16#]