叱り方をわかりやすく伝えるのに、まだ少し考えていた。そんな時、トイレのスリッパが散乱していた。えっ??午前の小さい子ども達の教室が終わった時は、きちんとなっていたのに・・・今は、大きい子のクラス。。。。そこで「スリッパひどい事になってるよ」と伝えた。するとみんな「トイレは使ってないという」そして、誰ともなく片付けに2.3人が走っていった。(こういうところは素晴しい!)すると中が汚れていると大騒ぎになった。片付けなくては・・と思った時、あるお母様が走ってみえた「もしかしたら、さっき下の子が使ったので・・・」とそして一生懸命片付けて下さった。知らぬ顔をするお母様でない(このお母様も素晴しい)・・そしてレッスン終了後、お母様は下の子を連れて一緒に謝りにみえた。そう「何が悪いの?」これがポイントです。汚した事を怒ってはだめです。汚すのは、仕方のない事です。その後の報告がなかった事が悪いのです。なぜ悪いのでしょう。それは、次の人が困るからです。人に迷惑のかかる事をやってはいけないという事です。
叱る時に何を叱るのかです。こういった事を常に忘れなければ、叱り方も上手になると思います。[#IMAGE|S1#]