今日 国立音楽大学名誉教授石井亨先生の作品集の11曲を 東京から石井先生率いるコーラス団「ザ・フレンドシップ」をお迎えして DVDの撮影を行いました。
マルシュに入り、まだ 4ヶ月程の子ども達もいましたが、普段の猛特訓ともう5年にもなる中・高生の先輩達のサポートもあり、一生懸命がんばり、今日の日を迎えました。

朝、9時、先生を迎え、会場に着くとマルシュメンバーは勢ぞろい!
会場の位置を決め、ピアノの調律も始まる。そうこうする間に、ぞくぞくと東京からのお客様が、集まる。
新メンバーは、少し緊張気味・・・・ 
あいさつをするやいなや 会場のセッティング・発声練習 段取り良く進んでいく。
先生も緊張の面持ち・・


10時半・・一曲ずつ練習しては、撮っていく予定
さあ いよいよ始まるよ!
伴奏者は、5年前石井先生の作品発表コンサートを名古屋で行った時に来てくれた松本君!(あの頃はまだ学生さんだった)

整列をして 先生の合図と指揮で、GO!
あれ??何か変・・・元気がない・・・ 大人も子どももミスが出る。。。


マルシュママ(保護者)の皆さんも心配そうに見守る。
今日は、長丁場だから 集中力が途切れるといけないからと 午前中に撮りだめしようと思っていたのに・・・
何とか 午前中に6曲撮った。 
昼食の時間 大人も子どもも  いい笑顔になってきた




そして昼食後 しばしふれあいのくつろぎタイム

 
さあ いくよ!  
わああああ    大人も子どももパワーアップ・パワー全開
マルシュもらしくなってきた!
ここからは どんどん進む! 午前中にもの足りなかった分も 撮り直す余力
気づくと まだ2時半  すごい!休憩から一時間半で 残るはあと一曲
最後の歌「信じよう世界の子どもたちと」の曲では、先生も中で指揮をしている
終了〜〜〜〜!  大拍手がおこる 先生の目には涙が一杯
私も 涙がとまらない・・先生と握手を交わし みんなで ありがとうの大声援!
みんな 素晴らしかったよ  よく頑張ったね (これを書きながらも涙が出てくる)
・・・と あとは DVDを見てのお楽しみです
みなさん 是非!買って見てあげて下さい
そして 石井先生が望む音楽が どんなものなのかを 見て下さい。
先生からあふれ出てくる 誰にも好かれる歌の数々は、そんな先生の思いから 出来上がっています。
「歌は心で歌うもの」・・先生の言葉です。
上手とか下手とか言うのではなく 誰でもひとつになれるのが 音楽です。
それを心で感じながら 一緒に歌えば すぐに仲良くなれるし 理解もし合える。
素晴らしい瞬間に立ち会えて 本当に良かったと思いました。
石井先生 お疲れ様でした。合唱団の皆様ありがとうございました。
マルシュまま 今日の準備だけでなく、いつも支えて下さり、本当にありがとうございました。
そして 愛する私のマルシュのみんなありがとう〜〜[#IMAGE|S53#][#IMAGE|S53#][#IMAGE|S53#]