一年生のMちゃん 9月ごろから毎回遅刻して来る。ある日 「どうして?」って聞いてみたら 「私が朝ぼ~~~っとしてるから」って 「遅刻をするとみんなに迷惑かけるからちゃんと来てね」と伝えるけど やっぱり遅れる。ある日クラスで一つの課題について話し合う機会があり、その日に休んだ女の子に伝達する為に電話をしてもらう人を決めていた。 Mちゃんが手を挙げて「私ができると思う」って・・・ 私は、ちょっときついかな・・って思いましたが、「先生ね。。何回言っても遅刻してくるから Mちゃんの事 ちょっと信用できないんだけど。。。」って言ってみました。すると クラスの子達が「じゃあ 遅刻しないように毎回荷物を用意しておくといいよ」「中身もちゃんと見ておくといいよ」「玄関まで出しておくといいよ」等々口々にみんながMちゃんの為にフォローし始めました。Mちゃんは一回ずつ「うん」「うん」と言いながらうなずいていまた。私は、そばで聞いていて 一人一人の優しい表情や温かい言葉に感動! Mちゃんは電話をするという責任を果たし、次のレッスン日からは 遅刻しなくなりました。なんて素敵な仲間たちでしょう。何かをした時に攻めるのではなく優しくフォローできれば みんなが気持ち良く心穏やかに過ごせますよね。いつも仲間の大切さを教えたいと思っています。今回もそんな風に育ってくれている事 とても嬉しく幸せに思いました。優しさありがとう~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<幼児教室、1歳からの教室、幼児教育>